令和2年稽古始

1月11日(土)、戸山公園内を走りました。今年は、暖冬で今日も暖かい?穏やかな日でした。また、昇級審査の結果も発表され茶帯や緑帯の人が増えてきました。

令和元年稽古納め&忘年会

今年も、最後の稽古となりました。(本当は、まだ、月曜日と火曜日があったのですが)。毎年恒例の部内大会が行われました。今回は、初めて組手の試合も行われました。部内大会なので、真剣さの中にも楽しくできたのではないかと思います。また、稽古終了後、忘年会が行われ、壮勇館の今年の優秀者に館長から表彰状と副賞が授与されました。

令和元年濤進会後期昇段審査会

令和元年12月15日に濤進会の昇段審査会が開催されました。壮勇館、桜空館、雄志館、明鏡館の4つの会から昇段審査を受審する人が集まりました。今回は、壮勇館の人だけではなく、写真を掲載しました。

令和元年壮勇館後期昇級審査会

今回は、審査を受ける人が多く、いつになく活気のある審査会が開催されました。子供達も、普段の練習の時と違って?一生懸命に基本、形、組手をしていました。みんな、昇級できたかな?

令和元年日本空手道濤進会大会

令和になって初めての濤進会大会が11月17日に開催されました。天候にも恵まれ、気温もあまり低くなく、空手を行うのには絶好の日でした。(このブログの執筆者である私は、土曜日に高熱を出して、この大事な大会に出場できませんでした。なので、大会の内容がわかりません。とりあえず、写真を掲示しておきます。)

令和元年秋季新宿区民空手道競技大会

11月10日は、ちょうど天皇皇后両陛下の即位パレードが行われました(先月、台風19号の被害が甚大だったため、今日へ延期になりました。)。そのため、警視庁の方々が全員参加できなかったことで、選手数が少なくなりました。

令和元年度地球感謝祭演武

今年の地球感謝祭は、雨のため大隈講堂前の特設会場ではなく、8号館のなかにあるちょっとしたホール会場で行いました。普段は、外で行うためコンクリートの地面で演武していましたが、今年は板の床の上でできたのはよかったです。ただ、観客はちょっと疎らだったのが・・・。また、来年も頑張りましょう。( ^ω^)・・・

令和元年8月壮勇館&桜空館合同合宿

今年も、西会津町にやってきました。涼しさを期待していましたが、非常に暑い。去年もこんなに暑かったかな~と思いながら、体育館で練習開始。大人はみんな汗だくになり、夜のビールがうまいぞと頑張りました。練習が終わって、宿の温泉につかり、極楽極楽。夕飯は、バーベキューと焼きそば。西会津町長からいただいた、キュウリとトマトがみずみずしくておいしくいただけました。

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

burst

burst

burst

burst

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

sdr

sdr

水稲荷神社で空手の演武

 令和元年(2019)616日(日)午後0時30分より、水稲荷神社社務所において、早稲田山水会高齢者クラブの方々の前で、恒例の演武を披露いたしました。今年は、学校行事などが重なって参加者が少なかったのですが、その分、ファミリー形や一般部の形も披露できたので、いつもと違う雰囲気を味わっていただけたのではないでしょうか。全員でその場の突きと蹴りを行ったあと、習熟度に応じた形の演武を披露しました。その後の杉山親子と新井親子によるファミリー形は、和気あいあいとした演武で、皆さんにご好評をいただきました。また、一般部の新井指導員と木下指導員による演武では、いつもと違う迫力ある演武を見ていただくことができました。そして、少年部の茶帯二人による三本組手と試割り。板が中々割れない場面では、会場から「もうやめていいよ!」との優しいお言葉をいただく中、最後まで頑張る姿を見ていただけたのは良かったと思います。